東南アジアカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

まず地域の定義ですが、一応ASEAN(東南アジア諸国連合)に加入する10カ国という定義で紹介していきます。

東南アジアカジノ一覧

それぞれの特徴は、各地域別のページで詳しく解説します。

シンガポール
セントーサ島

フィリピン
マニラ
パサイ
パラニャーケ
パシッグ
ケソンシティ
タガイタイ
アンヘレス
クラーク
オロンガポ・スービック
ビナンゴナン
セブ島
ミンダナオ島
ダバオ
ネグロス島
バコロド
マクタン島
パナイ島
イロイロ

ベトナム
ハノイ
バクニン
ダナン
ホーチミン
ハロン湾
ハイフォン
ラオカイ
ニャチャン
ファンティエット
ブンタウ

マレーシア

カンボジア

東南アジアカジノの特徴

人気ナンバー1のテーブルゲームはバカラ。シックボー(大小)等も人気がある。

ベトナムのみ特殊で、基本的にディーラーがいない為、全てビデオゲームになってます。

東南アジアカジノの年齢制限

全て21歳以上と決まっています。パスポートの提示が必須の国と、メンバーカードを作るのに、パスポートが必要になる程度の国があります。

東南アジアカジノの服装(ドレスコード)

服装は、基本的に短パン、Tシャツ、ジーンズでも大丈夫

ただしマレーシアのみ、一応ドレスコードがあり、Tシャツ、短パン、サンダルはNG。男性は襟付きシャツが必要になりますが、ジーパンはOK。

東南アジアカジノで、クレジットカードは使えるの?

ベトナムとカンボジア以外は、VISAやMASTERなら、問題無く使えます

JCBカードは使えない場合もあるので、事前にJCBへ連絡して確認してください。