フランスカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

リゾート地にあるのが特徴で、パスポートチェック等のセキュリティーチェックは厳しくなってますが、中はややのんびりな雰囲気。入場料は基本無料、一部有料もあります。

フランスカジノ一覧

それぞれの特徴は、各地域別のページで詳しく解説します。

アクス・レ・テルム

アグド

アゴン・クタンヴィル

アジャクシオコルシカ島

アヌシー

アメリ・レ・バン・パラルダ

アルカション

アルジュレス・ガゾスト

アルジュレス・シュル・メール

アルゾン

アルバール

アルヴィニャック

アレ・レ・バン

アンギャン・レ・バン

アンダイエ

アンティーブ

アンデルノ・レ・バン

アンヌマス

アンネヴィル

ウルガット

エヴォー・レ・バン

エクス・アン・プロヴァンス

エクス・レ・バン

エトルタ

オトヴィル・ロンプヌ

カイユー・シュル・メール

カシス

カステラ・ヴェルデュザン

カゾーボン

カップブルトン

カネ・タン・ルシヨン

カプヴェルヌ

カブール

カリー・ル・ルエ

カルナック

カレー

カーニュ・シュル・メール

カンヌ

キャヴァレール・シュル・メール

グジャン・メストラ

グラース

グランヴィル

グリュイッサン

グレウー・レ・バン

コントレクセビル

サン・トノレ・レ・バン

ジェラールメ

シェルブール・オクトヴィル

シャテル・ギヨン

シャトライヨン・プラージュ

シャモニー・モン・ブラン

シャル・レ・ゾー

ショード・ゼーグ

ソール・オスゴール

ダクス

ダンケルク

ディエップ

ディナール

ディボンヌ・レ・バン

ドーヴィル

トゥルーヴィル

ニース

パリ

バニェール・ド・ビゴール

バニョール・ド・ロルヌ

バラリュック・レ・バン

バルバザン

バンドール

ビアリッツ

ビスカロッス

フェカン

フォール・マオン・プラージュ

フォルジュ・レ・ゾー

フォン・ロムー・オデイヨ・ヴィア

フラ

ブザンソン

ブリッド・レ・バン

ブルボン・ラルシャンボー

ブルボン・ランシー

ブローニュ・シュル・メール

ベノデ

ベルク・シュル・メール

ボーリュー・シュル・メール

ボルドー

マントン

ラカノー

リヨン

リール

ル・トゥケ

ル・ブル

レ・フュマード・レ・バン

フランスカジノの特徴

人気のテーブルゲームは、ポーカーやルーレット。テーブルゲールより、スロットがメイン。

ディーラーや、従業員へのチップは必要ありませんが、大きく勝った時にディーラーへ、1割から2割を渡すのがスマート。

ほとんど入場無料ですが、中には入場料が必要な場所もあります。

フランスカジノの年齢制限

18歳以上と決まっています。パスポートの提示が必要になるので、持っていきましょう。

フランスカジノの服装(ドレスコード)

服装は、基本的に短パン、Tシャツ、ジーンズでも大丈夫

ビーチサンダルやスリッパ等のかかとがない靴や、タンクトップ等もNG、これは避けましょう。プレイ中の帽子やサングラス着用は不可、これも避けた方が無難。

フランスカジノの営業時間

場所によって違う為、確認が必要です。

フランスカジノの入場料

入場料が必要な場所と、必要がない場所があります。

フランスカジノの両替レートは?

現地での両替は、基本的にレートが悪いです。クレジットカード利用が最もオススメ。

フランスカジノで、クレジットカードは使えるの?

VISAやMASTERは、問題無く使えます

JCBカードは使えない場合もあるので、事前にJCBへ連絡して確認してください。