ラスベガスカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

アメリカ・ネバダ州にある、言わずと知れた世界一有名な場所。どこでも営業時間は24時間、入場は無料。

◆ア行(ラスベガスカジノ)

・アリア

・アリゾナチャーリーズディケーター

・アリゾナチャーリーズボールダー

・イーストサイドキャナリー

ウィンラスベガス

・ウエストゲートラスベガスリゾート

・エクスカリバー

・SLSラスベガス

・MGMグランド

・エリスアイランド

・エルコルテス

・エルコルテスカバナスイート

◆カ行(ラスベガスカジノ)

・カリフォルニア

・ゴールデンナゲット

・ゴールドコースト

◆サ行(ラスベガスカジノ)

・サウスポイントホテルカジノアンドスパ

・サーカスサーカス

・ザ・クロムウェルラスベガス

・ザ・コスモポリタンオブラスベガス

・ザ・ディーラスベガス

ザ・パラッツォ

・サムズタウンホテルアンドギャンブリングホール

ザ・ベネチアン

・ザ・リンク

・サンコースト

・サンタフェステーション

・ジ・オーリンズ

・シルバーセブンズ

・シルバートン

・シーザースパレス

・ストラトスフィアーカジノホテルアンドタワー

◆タ行(ラスベガスカジノ)

・ダウンタウングランド

・TIトレジャーアイランド

・トスカニースイート

・トロピカーナラスベガス・アダブルツリーバイヒルトンホテル

◆ナ行(ラスベガスカジノ)

・ニューヨーク・ニューヨーク

◆ハ行(ラスベガスカジノ)

・ハードロック

・パームズカジノリゾート

・ハラーズラスベガス

・パリスラスベガス

・バリーズラスベガス

・パレスステーション

・ビニオンズギャンブリングホール

・フィエスタランチョ

・フォークイーンズ

・フーターズカジノホテルラスベガス

・プラネットハリウッドラスベガスリゾート

・フラミンゴラスベガス

・フリーモント

・ベストウエスタンプラスカジノロイヤル

・ベラージオ

・ボルダーステーション

◆マ行(ラスベガスカジノ)

・マルディグラ

・マンダレイベイリゾート

・ミラージュリゾート

・メインストリートステーション

・モンテカルロラスベガスリゾート

◆ラ行(ラスベガスカジノ)

・ラッキードラゴン

・ランパートカジノリゾートアットサマーリン

・リオオールスイートラスベガス

・リゾートワールドラスベガス

・ルクソール

・レッドロックカジノリゾートアンドスパ

・ロングホーン

◆ワ行(ラスベガスカジノ)

・ワイルドワイルドウエスト

ラスベガスカジノの特徴

ディーラーや従業員へ、チップを渡す文化です。服装等の縛りも無く、非常にオープン。スポーツブックもあるのが特徴。

ラスベガスカジノの年齢制限

21歳以上でなければ、絶対に入場不可!同伴や子連れであっても、拒否されます。部屋に子供を一人で置いて行くのも、禁止されてます。

入場時にパスポートチェックはありませんが、突然確認される事があるので、パスポートは必ず持っていきましょう。

ラスベガスカジノの服装(ドレスコード)

服装は、何でも大丈夫。プールが近かったりして、水着のままでも問題ありません。

ラスベガスカジノの営業時間

24時間。

ラスベガスカジノの入場料

無料。

ラスベガスカジノの両替レートは?

空港は非常にレートが悪いので、ラスベガスカジノ内で両替しましょう

ラスベガスカジノで、クレジットカードは使えるの?

VISAやMASTERは、問題無く使えますが、チップを購入するには、別途手数料がかかります。

JCBカードを使いたい場合は、事前にJCBカードへ連絡してください使えない場合もあります。

「Quick Cash」や「Game Cash」と書かれた機械で、クレジットカードのショッピング枠を現金化して、引き出す方法もあります。当然、手数料はかかります。