テキサスホールデムポーカーのルールと賭け方・勝ち方・攻略法

テキサスホールデムポーカーとは、プレイヤー(自分)と参加プレイヤー全員との勝負で、手札(ホール又はポケットカード)2枚と、テーブル上に開いて置かれる、全員が共通して使うコミュニティカードが5枚、合計7枚の中から5枚を選んで、勝負するカードゲームです。

テーブル上に、全員が共通で使うコミュニティーカードがあるものを、フロップポーカーと呼び、テキサスホールデムはその1種。カードの交換は出来ません。

世界で最も有名で、大人気を誇ります。

人気の理由は、強い役を作るだけでなく、弱い手でもブラフ(強いと思わせる事)を使い、自分以外を勝負から降ろす(フォールド又はダウン)事でも勝てる為、駆け引きが好きな方には堪らないからです(笑)

駆け引きする機会が、1ゲーム中に4回もチャンスがある為、非常にエキサイティング!

※使用するのは、ジョーカーを除く52枚。(Aが1番強く、2が1番弱い)

テキサスホールデムポーカー・ゲームの流れと、チップの賭け方

開いてるテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負開始可能で、止めたければ自由に去って構いません。最低参加人数は、最低2人以上。

まず、ディーラーボタン(「DELLAR」と書かれた、チップより若干大きめな円盤状のアイテム)の場所を確認します。一般的にはボタン(BTN)と呼ばれます。

最初のボタンは、ディーラー(カードを配る人)が、プレイヤーに1枚ずつカードを配り、最も強いランクの人に決定します。

ボタンが最後になるように、左隣から時計回りに1枚ずつを2周、計2枚が手元に配られます。これを、ホール又はポケットカードと呼びます。※順番は常に時計回り

▼テキサスホールデムポーカー・ルール、第1回目のベットタイム

まず、ボタンの左隣のプレイヤーをスモールブラインド(SB)と呼び、最低賭け金を強制ベットしなければいけません。先にテーブルへ、出しておきます。

※スモールブラインドは、必ず1ゲームずつ左へ移動し、連続する事はありません

その左隣にいるプレイヤーを、ビッグブラインド(BB)と呼び、スモールブラインドより大きな額(大抵は2倍)を強制ベットしなければいけません

以上の2人は強制の為、勝負を降りる事が出来ません。

ビッグブラインドの左隣の人をアンダーザガン(UTG)と呼び、全プレイヤーの内、最初に次の行動の選択を迫られます。他プレイヤーの出方を見れない為、最も不利な位置と言われます。

最初の手札2枚の状態で、勝負するか、降りるかの選択を迫られますが、これをプリフロップと呼び、取れる行動は以下になります。

・フォールド又はダウン
ゲームから降りる事で、カードをディーラーに返します。

・コール
自分の前までの金額と同じ額を出し、勝負を続行する。

・レイズ
自分の前までの金額に、さらに上乗せする事。
※前のベットの2倍以上が条件。前が$2なら、$4以上でなければいけません。

※1度レイズされた後に、さらにレイズする場合は、追加された分とレイズ額を足した額以上にする必要があります
(例、元ベット$2をレイズし、$5になった場合。
さらにレイズする場合は、追加された$2と合計の$5を足した、$7以上にしないといけません)

プリフロップでは、1周後にスモールブラインドにも行動選択が認められ、最後にビッグブラインドにだけは、誰もレイズで引き上げていなければ、最初に出してる為、チェック(追加なしでパス)が可能。

全員が同じベット額になったら、次へ進みます

▼テキサスホールデムポーカー・ルール、第2回目のベットタイム

ディーラーは山の1番上のカードを、不正防止の為に1枚横へどけます(バーン・カード)。そのまま3枚続けてテーブル上に開いて置かれます。これをフロップと呼び、スモールブラインドから順番に行動選択をしていきます

手持ちと合わせて5枚になる為、自分の手が強いか弱いかが、ある程度分かる段階に来たと言えますね。

チップは一旦リセットになってるので、新たに賭けを増やしたい場合は、ベットを行います。誰も追加ベットしていなければ、チェック(追加なしでパス)が可能です。

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、次へ進みます

誰かのベットやレイズに対し、全員がフォールドすれば、残った人の勝ちが決まります。以降同じやりとりが、2回続きます。

▼テキサスホールデムポーカー・ルール、第3・4回目のベットタイム

フロップと同じく、ディーラーは山の1番上のカードを、不正防止の為に1枚横へどけ、4枚目を開きます。これをターンと呼び、3回目のベットタイム開始。

次に進む場合は、同じ要領で最後の5枚目が開かれ、リバーと呼びます。4回目で最後のベットタイムが行われます。

▼テキサスホールデムポーカー・ルール、ショーダウン(決着)

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、いよいよ手役での勝敗決定へ

最後にレイズした人か、ベットして他全員がコールの場合はベットした人、チェックアラウンドの場合はSBから順番に、手札を公開していきます。

一番強い手札の人が、今まで賭けたチップを総取りで終了

ショーダウンで強さがまったく同じ場合は、引き分け(チョップ)となり、引き分けた人数でチップを山分けします。割り切れない場合は、SBに最も近い人に多く支払われる。

テキサスホールデムポーカー・ルール、オールイン

・オールイン
勝負を続行する為には、同額まで賭けないとダメなので、手持ちが少なく、コール不能な場合、残りの全チップを賭けるオールインと宣言すれば、ゲームに参加し続けられます

ただし、これで勝っても全チップは貰えず、自分が賭けた額までになり、残りはまだ残ってるプレイヤー同士で一番強い人に支払われます

残ってるプレイヤーが勝った場合は、その人が全額総取りです。

テキサスホールデムポーカー・手役一覧

▼ハイカード
ノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、一番高い人が勝ち

▼ワンペア
同じ数字2枚

▼ツーペア
ワンペアが2つ

▼スリー・オブ・ア・カインド
同じ数字3枚。※日本固有の略称はスリーカード、海外では通じないので要注意。

▼ストレート
連続した5つ数字が並ぶ、組み合わせスペード等のマーク(スーツ)は、問いません
ただし、K、A、2では繋がりません。
「10、J、Q、K、A」「A、2、3、4、5」はOKですが、「Q、K、A、2、3」や「J、Q、K、A、2」等はNG。

▼フラッシュ
同じマークを5枚、数字は問いません

▼フルハウス
ワンペアと、スリーカードの組み合わせ

▼フォー・オブ・ア・カインド
同じ数字4枚

▼ストレートフラッシュ
同じマークのストレート

▼ロイヤルフラッシュ(ロイヤルストレートフラッシュ)
同じマークで「10、J、Q、K、A」の組み合わせ

テキサスホールデムポーカーの勝ち方・攻略法

明確な勝ち方や、攻略法はありません。ブラフが存在する為、手札だけではない駆け引きが入ってくるからです。

手が良いからと、いきなり大きくレイズすれば、全員が降りてしまい、取り分が思うように増えなかったり、ブラフを見抜いたり、勝ち方や攻略法は、駆け引き次第と言って良いかもしれません。