ブラックジャック(BJ)のルールと・勝ち方・攻略法!

ブラックジャック(BJ)とは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる、カードゲームです。

同じテーブルにプレイヤーが何人いようとも関係無く、勝負はディーラー1人とだけ

※使用するのは、ジョーカーを除く52枚。

ブラックジャック(BJ)ルール カードの数え方

2~10はそのまま、「J」「Q」「K」は10としてカウント

「A」は「1」または「11」の、どちらか好きな方を自分で選べ、それぞれに呼び名があります。

ブラックジャック(BJ)ルール 勝敗の決定

必ずプレイヤー(自分)から手を確定させ、全員完成してからディーラーの番になる為、21を越えた場合は、バースト(バスト)と呼び、無条件で負けが確定

※双方がバーストでも、先に負けが確定してる為、引き分けにはなりません。

ブラックジャックとは、10「J,Q,K含む」と「A」の組み合わせの事。

ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合では、ブラックジャックが優先勝ちになります。さらに、ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ち

※引き分けの場合はプッシュ(スタンドオフ)と呼び、全額払い戻されます。

ブラックジャック(BJ)の配当

勝てば2倍

ブラックジャックで勝てば、2.5倍

・引き分けの場合は、全額返金

ブラックジャック(BJ)が愛される理由と基本戦略

スロット等と違い、もう1枚引くかどうかの選択権が有る為、知識と経験を活かせるスキルゲームと呼ばれ、頭脳を使った駆け引きが好きな方に、愛されています。

しかも、ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある為、バースト(21を越えたら負け)の確率が高くなり、勝つ確率が高い事も、愛される理由の1つ。

さらに、将棋やチェスと同じように、定石(基本戦術)が存在する為、これを知っていれば闇雲に戦うより、勝率を格段にアップさせる事も可能。

例えば、ディーラーの1枚目が「5」の場合は、絶対に追加され、2枚目が「10」であったなら、次に「7」以上出ればバースト。この時点で7以上は、50枚中27枚と50%を越えます

このような確率を分析したのが、基本戦略であり、勝ち方・攻略法であるベーシックストラテジーになります。

※カウンティングという、使われた数字を全て記憶し、残りの数字を予測しながら戦う戦術は、デッキ(52枚で1デッキと数える)が決まっている場合だけに有効で、現在のカジノでは使ったカードを機械に戻し、再びシャッフルする為、カウンティングは通じません

ブラックジャック(BJ) ゲームの流れと、チップの賭け方

開いてるテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負開始可能で、止めたければ自由に去って構いません。席が空いて無くとも、賭ける事は可能です(後述)。

目の前に用意されてるボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。置いたらカードが配られ、ゲーム開始!

そっと自分の数字を確認し、追加するかどうかを判断します。引く場合はヒット(ヒットと言うか、テーブルを軽くトントンと叩く)、21を越えなければ、何度でも可能

この時、スプリットやダブルダウン、インシュランスやサレンダーという選択肢もあります。用語は後述します。

ブラックジャック(BJ) チップの賭け方(バックベット)

空きが無い場合、座ってる人のボックス(枠線)を使って、賭ける方法をバックベットと呼びます。

ただし、ルール上認められてる所と、認められてない所が存在する為、行う場合は確認必須!勝手にやったら、トラブルになり兼ねないので、要注意。

席の方のチップへ重ねて置くのは基本NG、横に並べておきましょう。重ねて置く事が認められる事もありますが、その際は枚数を忘れちゃいけません。

ここからが、最大の注意点になります。

バックベットされた場合、賭け金が多い方に、次の行動を決める権利が与えられる場合が有る事!無謀に攻める方に主導権を握られ、バーストで道連れパターンは最悪です。

席に着いてる方を優先する場所もあり、カジノ毎、テーブル毎に違うので、ここも確認しておきましょう。

ブラックジャック(BJ) 基本用語と合図の仕方

・ブラックジャック
ナチュラルとも呼ばれ、「10,J,Q,K含む」と「A」の組み合わせの事

・ディール
カードを配るという意味。

・アップカード
ディーラーの開いてるカードの事。

・ホールカード(ダウンカード)
ディーラーの伏せているカードの事で、最初にこれがないものを、ノーホールカードと呼びます(プレイヤーが全員スタンド後に、2枚目が引かれます)

・ベット
目の前のボックス(枠線、サークル)に、チップを賭ける事。

・ハンド
自分のカードの事。

※ハードハンド
「A」を1と数える場合、又は「A」を含まない手

※ソフトハンド
「A」を11として数える場合。

・ヒット(ドロー)
1枚カードを追加する。21を越えるまで何度でもOK

ヒットと言うか、テーブルを軽く叩く。

・スタンド(ステイ)
これ以上引かずに勝負する、手の完成を意味します。

スタンドやステイと言うか、テーブルの上で、手のひらを下にして左右に振る。

・ダブルダウン
次に1枚だけ引いて終わりにする事を条件に、最初に賭けたチップと同額を追加ベットする方法。※ブラックジャックが完成してる場合は不可

ダブルやダブルダウンと言い、追加チップを置きます。

・スプリット
最初の2枚が、ゾロ目(同じ数)の場合、最初に賭けたチップと同額を追加ベットし、カードを2つに分け、それぞれに2枚目以降を追加する方法。

スプリットと言って、追加チップを置きます。


※リスプリット(最大3回)
スプリットで引いたものが、さらに同じ数字、つまりスリーカードになった場合、さらにスプリットする事「A」の場合、1回だけや、認めていない場合と違いある為、要確認

※スプリット後のダブルダウン
認めてるかどうかは、要確認事項。

※「A」の場合
多くのカジノでは、「A」のスプリット後は、1枚だけしか引けません。

・サレンダー
自分のカードが悪い時、最初に賭けたチップの半額を払って、勝負を降りる事。つまり半分だけしか、減らずに済む方法。

ディーラーの1枚目が「A」の場合、不可の場合もあるので、要確認。

・インシュランス(インシュアランス)
ディーラーの1枚目が「A」だった場合、最初に賭けたチップの半額を保険として賭けます。そして、見事ブラックジャックだった場合は、2倍が返ってくるので、負けても差し引きゼロ(保険分も戻ってきます)。ハズレた場合は、全額没収されます。

※損する確率の方が高い為、基本的には使いませんが、ディーラーの1枚目が「A」の時、サレンダー不可ルールであれば、これで対応する事も可能。

インシュランスと言い、インシュランスゾーンにチップを置きます。

※自分がブラックジャックの時に賭ける事も可能(イーブンマネーと呼びます)で、この時はイーブンマネーと言うだけでOK。相手に関係無く、強制引き分けになりプラマイゼロ確定

ブラックジャック(BJ)の勝ち方・攻略法!

ベーシックストラテジー

サンズ系列(マリーナベイサンズ等)でのベーシックストラテジー