パイゴウポーカーのルールと勝ち方・攻略法!

パイゴウポーカーとは、各プレイヤーに配られる、7枚のカードから5枚をハイハンド、残り2枚をローハンドと2つに分けてそれぞれ勝負し、両方ディーラーを上回れば勝ちとなる、カードゲームです。

※使用するのは、ジョーカーを加えた53枚。(Aが1番強く、2が1番弱い)

パイゴウポーカー・ゲームの流れと、チップの賭け方

開いてるテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負開始可能で、止めたければ自由に去って構いません

アンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、テーブルによって決められた額の、参加料のチップを置きます

カードが7枚伏せて配られ、ゲーム開始です。

パイゴウポーカーのルール

まず、ハイハンド(ファーストハイハンド)と、ローハンド(セカンドハイハンド)に分けて、所定の場所に伏せて置きます。

ハイハンドの5枚の方が高い手役、又は数字になっていなければなりません

これが違っていると、ファールとして反則負けになります。

プレイヤー全員が分け終わったら、ディーラーからオープンにし、ハウスウェイというカジノ独自のルールに沿って、2つに分けていきます。

そして、ディーラーから見て右側のプレーヤーから、カードをオープンにしていき、勝敗を決します。

パイゴウポーカーのルール(ジョーカーの扱い)

2つの例外を除いて、「A(エース)」として扱います。

これで最高の手役、ファイブエース(ファイブ・オブ・ア・カインド)を作る事が可能。

例外として、ストレート又はフラッシュを完成させる為だけに、ワイルドカード(何にでも変化)として使用可能

※カジノによっては、常にワイルドカードとして使え、ジョーカーありなしで、配当に差を付けてるところもあります。

パイゴウポーカーの勝敗(決着)

両方のハンドで、ディーラーを上回れば、勝ちとなります。

片方だけ勝って片方負ければ、引き分けとなり、賭け金は返金されます。

両方まったく同じ手であれば、コピーハンドと呼ばれ、ディーラーの勝ちになります。

パイゴウポーカーの手役

▼ハイカード
ノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、一番高い人が勝ち

▼ワンペア
同じ数字2枚

▼ツーペア
ワンペアが2つ

▼スリー・オブ・ア・カインド
同じ数字3枚。※日本固有の略称はスリーカード、海外では通じないので要注意。

▼ストレート
連続した5つ数字が並ぶ、組み合わせスペード等のマーク(スーツ)は、問いません
ただし、K、A、2では繋がりません。
「10、J、Q、K、A」「A、2、3、4、5」はOKですが、「Q、K、A、2、3」や「J、Q、K、A、2」等はNG。

・フラッシュ
同じマークを5枚、数字は問いません

▼フルハウス
ワンペアと、スリーカードの組み合わせ

▼フォー・オブ・ア・カインド
同じ数字4枚

▼ストレートフラッシュ
同じマークのストレート

▼ロイヤルフラッシュ(ロイヤルストレートフラッシュ)
同じマークで「10、J、Q、K、A」の組み合わせ

▼ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)
A4枚とジョーカー

※この他、7枚続くストレートフラッシュ等の役で、高配当を出すルールも存在します。

パイゴウポーカーの勝ち方と攻略法

ただし、ツーペアがあった場合に、これをツーペアで使うか、ワンペアずつに分けるかの判断で、高いカードならワンペアずつに分けるのが、一般的といったところ。

ほぼ運で決まるゲームの為、有効な攻略法がなく、チップの賭け方でコントロールしかありません。

チップのコントロール方法はこちらから>>