ドラゴンタイガーのルールと勝ち方・攻略法!

ドラゴンタイガーとは、仮想の2人ドラゴン(龍)」と「タイガー(虎)」の、どちらが勝つかを当てる、カードゲームです。

カードを配るのも開くのも、ディーラーが行う為、チップを賭けるだけのシンプルなゲームで、追加カードの無い簡易バカラと言えば、イメージしやすいかと思います。

カンボジア生まれで、マカオ等のアジアで人気が出てきています。

ドラゴンタイガー・ゲームの流れと、チップの賭け方

開いてるテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負開始可能。止める場合は、自由に席を離れて構いません

テーブル上には、下記のようなシートがあり(カジノによって表記が微妙に違います)、賭けたい場所へチップを置きます。

ノーモアベット(No more Bet)」と、ディーラーが言うまで、チップを置いたり、移動させたり出来ます。やっぱりこっちと思ったら、移動させましょう。

ノーモアベットで締め切られた後、カードが配られ、勝敗が決します。

ドラゴン、タイガーの2択が基本

上記2択以外に、和(タイ・引き分け)が基本で、スモール・ビック、奇数・偶数等の賭け方があり、カジノごとに採用しているものが違います。

ドラゴンタイガー・基本ルールと配当

それぞれに1枚ずつカードが配られ、数字が大きい方が勝ちとなります。

勝てば、配当は2倍

同じ数字は引き分けになり、当てていなければ、賭け金の半分が没収され、残り半分は返金されます。

▼ドラゴンタイガーの数の数え方
「K」が一番強く、「A」が一番弱いので、数字通りとなってます。

※「A」が一番強いと、勘違いしないよう要注意。

ドラゴンタイガー・ルール 和(タイ・引き分け)

同じ数字になる、引き分けに賭けた場合、配当は9倍

ドラゴンタイガー・ルール 奇数・偶数

・ドラゴンが奇数になるか、偶数になるかを当てる。
・タイガーが奇数になるか、偶数になるかを当てる。

配当は2倍

※カードが13までしかない為、「7」が出た場合は、無条件で負けとなるので要注意。

ドラゴンタイガー・ルール ビック・スモール

「1、2、3、4、5、6」をスモールとし、「8、9、10、J、Q、K」をビックとして、ドラゴンとタイガーのどちらが、スモールかビックになるかを当てます。

配当は2倍

ドラゴンタイガーの勝ち方と攻略法

自分では何も手を出せない為、スキルを活かせず、運任せのゲームなので、チップの賭け方でコントロールするしか攻略法がありません

チップのコントロール方法はこちらから>>