ファンタン(番攤)のルールと勝ち方・攻略法!

ファンタン(番攤)とは、金属製のお椀を山積みしたボタンの上にかぶせてすくい上げ、中のボタンを4つずつのグループに分け、最後にいくつ残るかを当てるゲームです。

最後にいくつ残るかを当てるだけの(4つずづ分けるので、残りは0~4個しかない)簡単ルールの為、マカオのカジノでは比較的人気があります。

勝った場合は、5%の手数料が引かれて配当されます。

ファンタン(番攤) ゲームの流れと、チップの賭け方

テーブル上には、下記のようなシートがあり(カジノによって表記が微妙に違います)、賭けたい場所へチップを置きます。

制限が無い為、同時に複数箇所へチップを置いて構いません

ノーモアベット(No more Bet)」と、ディーラーが言うまで、チップを置いたり、移動させたり出来ます。やっぱりこっちと思ったら、移動させましょう。

ノーモアベットで締め切られた後、お椀の中のボタンを杖で4つずつに分けていき、残りの数字が発表され、配当が配られます。以上がゲームの流れになります。

ファンタン(番攤)基本ルール

1つも余らない0は、「4つ余る」という扱いになり、「4」を選んでください。

引き分けは、賭け金が返金されます。

賭けた方と配当は、全部で5種類あるので、順番に解説します。

ファンタン(番攤)ルール、三門(サムホン・Sam-Hong)

3つの数字のどれかが当たれば勝ちで、配当は1.3倍

賭け方は「1、2、3」「1、2、4」「1、3、4」「2、3、4」の4種類。

ファンタン(番攤)ルール、丫攤(ヤータン・Nga Tan)

2つの数字のどちらか当たれば勝ちで、「○通」の○の部分の数になれば負け、この3つ以外になれば引き分けになります。配当は1.5倍

最初は分かりにくいので、詳しく解説すると、
「2、3、一通」これは、2か3なら勝ち、1なら負け、4は引き分けで返金。

「1、4、3通」これは、1か4なら勝ち、3なら負け、2は引き分けで返金。

ファンタン(番攤)ルール、角(コック・Kwok)

2つの数字のどちらか当たれば勝ちで、配当は2倍

賭け方は「1、2」「2、3」「3、4」「4、1」「1、3(単)」「2、4(双)」の6種類。

ファンタン(番攤)ルール、念(ニム・Nim)

数字が出れば勝ちで、「念○」の○の部分の数字になれば負けで、配当は3倍

最初は分かりにくいので、詳しく解説すると、
「4念1」これは、4なら勝ち、1なら負け、2・3は引き分けで返金。

ファンタン(番攤)ルール、番(ファン)

残りが何個かを当てれば勝ちで、配当は4倍

ファンタン(番攤)の勝ち方と攻略法

自分では何も手を出せない為、スキルを活かせず、運任せのゲームなので、チップの賭け方でコントロールするしか攻略法がありません

チップのコントロール方法はこちらから>>