レットイットライド(ポーカー)のルールと賭け方・勝ち方・攻略法

レットイットライド(ポーカー)とは、プレイヤー(自分)の手札3枚と、テーブル上に開いて置かれる、全員が共通して使うコミュニティカードが2枚、合計5枚の中に10のワンペア以上の役が出来れば勝ちとなる、カードゲームです。

ディーラーや他のプレイヤーと勝負するわけではなく、役が作れるかどうかで勝負が決まります。

テーブル上に、全員が共通で使うコミュニティーカードがあるものを、フロップポーカーと呼び、レットイットライドはその1種。カードの交換は出来ません。

「Let It Ride」の他、「RIDEM POKER」等と表記されてる場合もあります。

※使用するのは、ジョーカーを除く52枚。(Aが1番強く、2が1番弱い)

レットイットライド・ゲームの流れと、チップの賭け方

開いてるテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負開始可能で、止めたければ自由に去って構いません。

1、2、3($マークやANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。この時、全てを同額にする必要があります。※2ドル賭けなら、2×3で6ドル必要

以後、追加ベットは出来ません。

全員が賭け終わると、3枚ずつ伏せて配られ、コミュニティーカード2枚も伏せた状態で配られます

▼レットイットライド・ルール、第1回目のベットタイム

1番に置いたチップに対して、勝負か降りるかを判断します。

自分のカードを確認し、勝負を続行する場合は、レットイットライド(そのままいく)。

降りる場合は、プルダウン(Pull Down)とディーラーに伝えます。すると、1番のチップは返却されます。※自分でチップに触れるのは、絶対NGです。

全員の選択が終わったら、コミュニティーカードの1枚がオープンされます。

▼レットイットライド・ルール、第2回目のベットタイム

開かれた1枚を見て、勝負するか降りるか(2番のチップが返却)を決めます。

これ以後、降りる事は出来ません

勝負する場合は、3($マークやANTE)のところのチップの下に、自分の手札3枚を伏せたまま重ねて、滑り込ませます

全員の選択が終わったら、コミュニティーカードの2枚目がオープンされます。

レットイットライドのルール・勝敗決定方法

10のペア以上の手役が出来ていれば、残しておいたチップに対し、ランクに応じた配当が支払われます

3つ全部残していれば、それぞれに同じ配当がつき、10のペア以上が出来なければ、全て没収されます。

レットイットライドのルール・サイドベット

トーナメント、ボーナスベット等、カジノによって呼び方は色々ありますが、指定されてる役(ほぼツーペア以上)が完成した時に、配当が支払われるもの

最初の3つベットする時に、一緒に賭ける事が出来ます。

レットイットライドのルール・役と配当

※()内の数字は配当の倍率。配当はあくまで参考、カジノにより違います。

▼ワンペア
10、J、Q、K、Aの同じ数字2枚

▼ツーペア
ワンペアが2つ

▼スリー・オブ・ア・カインド
同じ数字3枚。※日本固有の略称はスリーカード、海外では通じないので要注意。

▼ストレート
連続した5つ数字が並ぶ、組み合わせスペード等のマーク(スーツ)は、問いません。ただし、K、A、2では繋がりません。
「10、J、Q、K、A」「A、2、3、4、5」はOKですが、「Q、K、A、2、3」や「J、Q、K、A、2」等はNG

▼フラッシュ
同じマークを5枚、数字は問いません

▼フルハウス12
ワンペアと、スリーカードの組み合わせ

▼フォー・オブ・ア・カインド51
同じ数字4枚

▼ストレートフラッシュ201
同じマークのストレート

▼ロイヤル(ストレート)フラッシュ1001
同じマークで「10、J、Q、K、A」の組み合わせ

レットイットライドの勝ち方・攻略法

押さえておくべき定石があります。

1、10以上のペアが出来ている場合は、勝ちが確定しているので、必ず勝負します。

2、10以上のカードが複数あれば、ペアを狙えるので、可能性が高くなります。

3、5・6・7等の場合は、どちらがくっついても、ストレートの可能性が高くなります。